カマグラの正しい使い方

 

医薬品も道具の一つであり、正しい使い方をしなければ、その効能を体験出来ません。
特に局所に作用するカマグラといったED治療薬は事前に仕様をきちんと理解しなければ、効果が現れるどころか、副作用に悩まされます。

 

元々副作用と医薬品の効果は、表裏一体の関係です。
カマグラには頭痛や腹痛、吐き気、血行促進によるほてり等の副作用がありますので、それを軽減させるためにも、正しい使い方をしましょう。

 

カマグラの用法として重要なのが、服用時間です。
朝、昼、夕、その内のどれでも良いですから、いわゆる食前にカマグラは飲んでおきましょう。
胃の中に食べ物が入ってしまうと、主成分が正しく吸収されません。

 

最悪の場合、カマグラのプラス作用がまるで発揮されず、
逆に辛い副作用だけが表面化する事さえありますので、食後の服用はやめましょう。
またED治療薬はお酒や脂分に弱いため、当日は低カロリーな食事を意識し、同時にアルコールの過剰摂取も控えた方が無難です。

 

また食前に飲む事も大切ですが、ED治療薬は効き目がすぐに現れますので、急いで飲むのは避けましょう。
その治療薬であれば平均30分で勃起しやすい陰茎になりますので、服用する前にシャワーやベッドメイクは済ませておき、服用後はすぐに性行為出来る室内にしておきましょう。