バイアグラのジェネリック医薬品について

 

昨今、日本社会は医療費の上昇に歯止めが掛からない状態が続いています。
少子高齢化と長寿化、そして医薬品自体の高騰がその背景にあり、一朝一夕では解決しない社会問題となりました。
一方で医療費の高騰を防止する良い戦略として挙げられるのが、ジェネリック薬の普及です。
既に日本の医院では、様々な後発医薬品が提供されています。

 

ジェネリックの素晴らしい点は新薬と同じ作用と効果が得られる点です。
今では超人気ED治療薬のバイアグラにも後発医薬品が誕生し、日本人男性の間で浸透しています。
他の医薬品の後発医薬品と同じく、飲み方や注意点、副作用、禁忌薬なども原則として同じです。
既にバイアグラを長年愛用していた方なら、より一層違和感なく、後発医薬品に乗り換えられるでしょう。

 

主成分が全く同じですので、バイアグラと同じ瞬発性や安全性が得られます。
後発医薬品の方も、服用後20分から40分程度で効き目が生じ、ED体質の改善が速やかに始まります。
ペニスを支える強靭な作用も同等です。ジェネリックだから効き目が弱いといった事もなく、バイアグラを飲んだ時と同じ水準のペニスの固さ、堂々とした勃起姿が得られます。

 

お薬代を比較するとバイアグラの平均値段が1500円から2000円なのに対して、その後発医薬品は300円から400円程度で入手出来ます。