注目すべきカマグラ治験結果

 

 医薬品を開発するためには薬品の企画、研究、実験、知見、承認というプロセスを経て販売されますが、このプロセスでかかった費用は薬品の価格に上乗せされます。しかし、インドで開発されたカマグラは薬の製造特許以外は成分特許のルールがなく、同様の成分で作る薬品についてもジェネリック医薬品として安く販売ができるという仕組みがあります。そのため、バイアグラと同様の成分を有しているカマグラはバイアグラのジェネリック医薬品として販売されています。通常の薬の製造過程では治験のデータを集めるところでコストが半分以上となるので製薬会社にとっては大きな負担となっていますが、カマグラはインドの成分特許ルールによりかなり有利になっていおり、カマグラも格安で販売できる仕組みとなっています。そのため、購入者の金銭的な負担をかなり軽減しているRD治療薬といえます。また、ED治療薬は血流を促すことが立証されていますが、EDの治療だけでなく妊婦の血流を改善して未熟児への栄養補給を増加できないかなどのほかの病気に効果が期待できないか実験がはじめられています。そのため、バイアグラと同じ成分であるカマグラも今後の有効性について期待されています。