バイアグラ販売までの歴史について

 

現在、バイアグラはEDに効果のある薬として世界中の男性に利用されていますが、もともとこの薬は、それが目的で開発されていたものではありませんでした。
イギリスのファイザー社では、最初は狭心症の治療薬として開発していたのですが、臨床試験を繰り返すうち、狭心症の治療にはそれほど期待できないことがわかりました。
しかし臨床試験の男性の被験者が、この薬を欲しがったことから、勃起不全を改善する効果があるとわかり、 ファイザー社の研究者たちは一転、この薬を狭心症ではなく、ED治療薬として研究開発することになったのです。
やがて完成して、バイアグラと名付けられた薬は、1998年にはFDAからED治療薬として認可され、世界中のEDに悩む男性に広がることとなりました。
バイアグラが開発研究され、販売まで至るには、このような歴史があったので、知らない人は驚くかも知れませんね。
バイアグラは狭心症の治療薬であったことから、心臓や血管に問題がある人や、重い肝機能障害を患っている人が使うと危険なので、まずは病院で診察を受けることが大切です。
バイアグラは病院で処方してもらう以外にも、個人輸入代行通販でも購入できるので、入手したいときはどちらかの方法を選んでください。